先輩社員の声

主計課

経営に近い視点で働くことができる環境

主計課東 洋平Yohei Azuma
  • 入社からの歩み
  • 東栄住宅の好きなところ
  • ある1日

入社からの歩み

就職活動時代は、衣食住の『住』という人間の生活における基礎に関わることができ、お客様の今後の生活を一緒に考えることが出来るという点で、非常にやりがいを感じられるのではないかと、住宅に携わる仕事を中心に探していました。

何社か不動産関係の会社を受けていましたが、その中で東栄住宅を選んだ一番の決め手は、『雰囲気の良さ』ですね。採用担当の方との面接がとても居心地がいいなと感じたことと、グループディスカッションで先輩社員の方と接した時、とてもアットホームな雰囲気であっという間に時間が過ぎていったのを覚えています。こんな雰囲気の会社で働きたいなと思い入社に志望しました。

入社のきっかけ ~そして今

営業課から主計課へ~それぞれの仕事のやりがい~

入社して営業職として4年間働いていました。配属された柏営業所では、活躍されている先輩方がたくさんいて、とても勉強になりましたね。
現地販売や決済に同行させていただき、その場の雰囲気や仕事の仕方を実際に肌で感じることができたり、お客様にお渡しする資料の作成方法など、細かく教えていただくなど、仕事をする上で環境が整っていました。

住宅の購入は、一生に一度の大切な買物です。お客様は必ず「希望」と「不安」を併せ持っています。 お客様と密にコミュニケーションをとり、不安を取り除くことでお客様に安心を与え、信頼を寄せていただけた時は、本当にうれしかったですね。ご契約いただいた現場で、別の号棟の売り出しを行っていた時に、『東さん、寄って行ってよ』とお客様にお声をかけていただいたり、お子様に『これあげるよ』とおもちゃをもらったりしたときは、営業職をしていてよかったなと感じました。お客様からの感謝の言葉を直接聞ける仕事なので、この言葉がやりがいに繋がりましたね。

営業職として4年間働いたときに、自分の中で、数字を扱う仕事をしてみたいなという思いが出てきました。色々と悩んだ結果、所長に時間を作っていただき、自分の思いを相談しました。所長は、『分かった、応援するよ』と言ってくれ、社内でのジョブローテーション制度に志望し、現在の主計課に異動することになりました。

主計課に異動してから、2年が経ちました。業務内容としては、法人税、地方税の計算、海外子会社の財務諸表作成、内部統制業務を行っています。税金を正しく計算し、税理士の先生にチェックしていただき申告することがミッションです。期日等決められている仕事なので、緊張感、責任感を持って仕事しています。作業が終わってひと段落したときや、決算が終わって親会社の決算短信がリリースされた時は、自分たちが関わった数値が世の中に公開されるので、達成感とやりがいを非常に感じます。

現在のミッション

東栄住宅の好きなところ、良いところ

東栄住宅の好きなところ、良いところは、入社の決め手にもなった『社内の雰囲気の良さ』ですね。
営業課の時の上司は「俺の仕事は部下が仕事がしやすいように環境を整えることだ」と言っていました。みんなが行き詰まったときは、周りの空気を見て意見交換できる場を設けてくれ、現場を盛り上げてくれました。もちろん、仕事にもとても厳しかったですが、その厳しさも愛情だと伝わるような雰囲気を作ってくれていましたね。
初めて契約をした時にプレゼントしていただいたペンは、今も毎日持ち歩いています。
また、異動が決まった際には、営業、施工のみんなに決起会を開いていただき、『頑張れよ』と送り出していただきました。設計の方からはお手紙をいただきました。これも自社一貫体制の東栄住宅だからこその出来事なのかなと思いますね。
部署間の垣根なく、コミュニケーションが取れている社風だと思います。

今後取り組みたいこと

成長のしくみ

東栄住宅への入社を考える方へ

今の部署も含めてですが、何かわからないこと疑問に思うことがあると、上司や課員に相談できる環境も整っていますし、自分の意見を上司が組みとってくれ、考えてくれます。そこで学ぶことも多々ありますね。
税金は頻繁に改定されるので、日々の勉強は不可欠で、最新の情報を把握しておく必要があります。社外のセミナーにも積極的に参加できる環境が整っているので、常に自分から情報収集するように努めています。
また、社内でも様々な研修が開催され参加することもできるので、社内でも社外でも、学べる場が豊富にあり、成長できる仕組みが整っているなと感じますね。

今後はいつ他の業務を任せてもらえてもいいように、担当業務以外の税金についても、全般的に学んでいきたいと思います。自分の業務をどのようにしたら、より正確に早く効率的にできるのかを考えながら、仕事をしていきたいです。経営層と距離が近い環境にあるので、社内における数値に関して自分の口からもきちんと説明出きるようになりたいと思います。

ある1日

ある1日

  • 入社のきっかけ
  • 東栄住宅の好きなところ
  • ある1日