積算 Recruitment Information

先輩社員の声

積算

当たり前の品質だと思ったら
実は東栄住宅のこだわりだった

生産本部 商品管理部 積算課 加藤 賢太郎 Kentarou Katou
  • 入社のきっかけ
  • 東栄住宅の良い所
  • ある1日

入社のきっかけ

前職では、主に3Dデザイナーや車を運転する仕事をしていましが、心臓の病気を患い障がいを背負うことになり、やむを得ず前職を退職しました。

新たな仕事を探さなければならなかったので、ハローワークの紹介を受け、国立職業リハビリテーションセンター(障がい者用の職業訓練校)のインテリア科に入学しました。当時は、就職サポートをしてくれる国立職業リハビリテーションセンターがとても人気でインテリア科に入学すること自体難しかったのですが、無事に入学が決まり通い始めました。インテリア科ではありますが、学ぶ内容は建築の仕組み・建物の構造や各素材の名前など、建築科といっても過言ではないぐらいの内容を勉強してきました。授業の中で、高齢者や障がい者に安全で快適な住環境を提案する資格『福祉住環境コーディネーター』という資格を知り、福祉住環境コーディネーター2級を取得しました。

資格取得のきっかけもあり、勉強をすればするほど建築に興味が湧き、せっかくならば“住宅の設計図を書きたい”と強く思い、住宅関連企業で就職活動を行いました。住宅関連企業をいくつか見てきましたが設計関係ではなく事務職の紹介が多く、自分の希望通りにいかないことなと諦め始めたときに、『東栄住宅』と出会いました。設計図面を描けるCAD課の紹介を受け、自分のやりたかったことが叶うと思い入社しました。

CAD課では、建築専用CADソフトを使用しての戸建木造住宅の確認申請図面(配置・平面・立面図等)の作図を行います。学校での下積みがあったからこそ申請図面もスムーズにこなすことができ、日々業務に取り組んできました。時には、今まで書いたことのない図面を任されたりなど、苦労はありましたがその分、自分自身にプラスになることが多く、スキルアップに繋がりました。3年勤めてきて様々な要望に対応できるようになってきたときに積算課への異動となりました。

積算課では、物件毎の設計図面や各見積書等の資料を見て、かかるコストを計算する積算業務や、積算した数量を登録単価に基づき管理システムへ登録、注文書の作成や発注業務も行なっています。はじめのうちは、数字関係を覚えるのにとても苦労しました。建物に関わるすべて(釘1本~)の金額を積算していたり、設計図面を見て確認すべき内容は、施工監督とやり取りをして部品の確認から提案をしています。たまに、CAD課時代に私が担当していた図面が回って来たりしたときには、こんな風に図面を書いていたなぁと当時のことを思い出し不思議な感じがしますが、設計図面が次の業務にどう関わっていくのかを知ることができました。

CAD課~積算課に異動したことにより、今までよりも会社の流れが把握できるようになったので、自分自身プラスになることが多く日々やりがいを感じています。異動することは学ぶべきものが多いんだなと実感しました。

入社のきっかけ

東栄住宅の良い所

やはり住宅の品質のよさですね!CAD課の時は、他の企業の住宅も長期優良住宅の認定や全棟住宅性能評価の認定が普通だと思っていました。他の企業と比べ東栄住宅は、自社一貫体制を導入しています。それは、仕入れ~アフターメンテナンスまですべての作業を自社で管理・実行していることです。そうすることによって、スピーディーな対応が出来、よりお客様の要望に答えていきながら住まいづくりを実現できています。自社一貫体制は他社には負けない強さだと思います。

また、社員のスキルアップをサポートしてくれる体制が整っているので、とても働きやすい環境だと実感します!周りの社員の方のフォローもうれしいですね!

東栄住宅の良い所

現在のミッション

正確によりスピーディーな対応を日々心がけていることです。お金が直接絡んでくるので、ミスは許されません。1棟1棟慎重に対応し、金額などに間違いがないか緊張感をもって確認しています。私の担当は千葉エリア・東海エリアで、一か月間で約50棟の積算業務をしています。一か月間で行うと有余があるように思われるかもしれませんがとんでもありません!!慣れていないせいもあり、ミスをしないようにこなすことで精一杯です。積算課では、課内の進捗状況を誰が見ても把握できるようなグラフがあり、進捗状況管理体制が整っています。自分自身の進捗度はもちろん、周りのスタッフの進捗具合もわかり、切磋琢磨できていると感じます。一日の目標までどのくらい足りていないか等もすべてグラフで把握でき、どのくらいのペースで行えばいいのかも明確になっていているので安心しながら業務をこなすことができます。また、自分の仕事が効率化されます。常にスピード感をもって対応していきたいと思います。

今後取り組みたいこと

今後取り組みたいこと

積算課では、まだ慣れていないことばかりですが、1つ1つ内容を把握していきたいです。今は50棟の積算処理で追われていますが、60棟や70棟を担当したりなど、向上心を持ってよりスピーディーな対応が出来るようになりたいです。

今まで、CAD課では図面作成・積算課では積算業務に携わり、各々の業務内容を把握し、会社の流れがわかるようになりました。会社全体の流れを知る事は大切なことだと思っているので、施工関係の内容等も今後知れたらより私自身幅広く業務に携わっていけると思います。それぞれの課での業務内容をもっと知る研修等の機会があれば参加していきたいです。

今後取り組みたいこと

ある1日

ある1日

  • 入社のきっかけ
  • 東栄住宅の良い所
  • ある1日