PRIDE

東栄住宅の耐震は、数百年に一度の地震に耐える力の1.5倍!

地震や台風に負けない!最高の耐震等級を全棟取得。

東栄住宅の建物は、国が定めた耐震等級で最高の3を取得。
建築基準法に定められた、「数百年に一度発生する地震に対して、倒壊、崩壊しない。」
という基準から、さらに1.5倍の耐震力を達成しています

耐震等級の目安
  • 係数 22~54
  • 最高等級

耐震等級1の地震力の、1.5倍の地震力に対抗できる

耐震等級3
  • 係数 18~45

耐震等級1の地震力の、1.25倍の地震力に対抗できる

耐震等級2
  • 係数 15~29

数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して、倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度(建築基準法同等)

耐震等級1 ※建築基準法同等

※それぞれの等級に対して必要な壁量があり、上記図は必要壁量を求める係数を表しています。
※上記図は軽い屋根を前提としています。

地震や台風に負けない!面を強化する耐震構造。

強い 弱い
柱は垂直の力には強いのですが、水平の力には無力です。
耐震構造とは、一般的に壁などの「面」を強化することで地震や台風などの横からの力に抵抗します。
一覧へ戻る