slogan
slogan
section1
section2
section3
slogan
slogan
section1
section2
section3
team_title
dena

横浜DeNAベイスターズ

セントラル・リーグに所属する。神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタジアムを専用球場としている。

dragons

中日ドラゴンズ

セントラル・リーグに所属する。 愛知県を保護地域とし、同県名古屋市東区にあるナゴヤドームを専用球場としている。

rakuten

東北楽天ゴールデンイーグルス

パシフィック・リーグに所属している。宮城県を保護地域とし、同県仙台市宮城野区にある楽天生命パーク宮城を専用球場としている。

rakuten

広島東洋カープ

セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるマツダ スタジアムを専用球場としている。

program_title
2019.7.26 (金)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

中日ドラゴンズVS 横浜DeNAベイスターズ

試合開始 18:00 ナゴヤドーム

サイン入りグッズ付ペアチケットなどが抽選で25組50名様に当たります。
【応募期間】2019年5月30日(金)~2019年7月7日(日)
※厳正な抽選の上、当選者の方へのみご連絡させていただきます。予めご了承下さい。

2019.5.9 (木)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

東北楽天ゴールデンイーグルス VS 福岡ソフトバンクホークス

試合開始 18:00 楽天生命パーク宮城

キャンペーン期間終了となりました。
※厳正な抽選の上、当選者の方へのみご連絡させていただきます。予めご了承下さい。

2019.4.24 (水)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

横浜DeNAベイスターズ VS 阪神タイガース

試合開始 18:00 横浜スタジアム

終了いたしました。

2019年4月24日水曜日実施されました東栄住宅ブルーミングガーデンナイター 横浜DeNAベイスターズ VS 阪神タイガース の一戦の記録です。 スポンサーになっての2度目の冠試合となります。 始球式には、企業動画『悪の組織のアジト探し』に東栄住宅営業担当者役でご出演いただいた全力少女Rの百川晴香さん。 WEBキャンペーン当選者の方を対象とした、 スタジアム・練習見学ツアー、スピードガンコンテスト、 スタメンキッズとイベント盛りだくさん! コンコースで実施した東栄住宅特設ブースではサイン入りグッズがその場で当たるガラポン抽選会を実施。 多くの方に足を運んでいただきました!

2019.4.10 (水)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

広島東洋カープ VS 東京ヤクルトスワローズ

試合開始 18:00(予定)マツダ スタジアム

終了いたしました。

広島で初めての冠ゲーム。赤く染まるマツダ スタジアムに、ブルーミングガーデンカラーが加わりいつもとは違う雰囲気での開始となりました。 当日球場内の大型ビジョンには東栄住宅プレゼンツ『悪の組織のアジト探し』movieショートバージョンが放映されました! また、かば広場付近では東栄住宅特設ブースを設置。オリジナルマフラータオルがが当たるキャンペーンを実施しました。広島東洋カープとのオリジナルグッズの為、カープファンの皆様にも喜んでいただきました。

2018.12.26 (水曜日)

プロバスケットボール B.LEAGUE(Bリーグ)

東栄住宅プレゼンツ
アルバルク東京ホームゲーム

dena

アルバルク東京 VS サンロッカーズ渋谷

試合開始 19:05 アリーナ立川立飛

終了いたしました。

2018.7.25 (水)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

中日ドラゴンズ VS 横浜DeNAベイスターズ

試合開始 18:00 ナゴヤドーム

終了いたしました。

当日球場内の大型ビジョン(106ビジョン)には東栄住宅プレゼンツ『悪の組織のアジト探し』movieショートバージョンが放映されました! 始球式を務めるのは『悪の組織のアジト探し』で東栄住宅スタッフ役を演じてくださった中村裕香里さんです。ノーバウンドでキャッチャーの元へ! 「まっすぐ まじめにストライクを投げ込みたいです!」という意気込み通り、ナイスピッチングを見せてくれました。 また、1番ゲート付近の東栄住宅特設ブースでは選手のサイン入り豪華グッズがが当たるキャンペーンを実施しました。 先着1500名様には東栄住宅オリジナルうちわをプレゼント。試合当日はとても暑かったため、来場されたお客様に喜んでいただけました。

2018.5.24 (木)

プロ野球公式戦

東栄住宅ブルーミングガーデンナイター

dena

横浜DeNAベイスターズ VS 中日ドラゴンズ

試合開始 17:45 ナゴヤドーム

終了いたしました。

2018.7.25 (水)

プロ野球公式戦

楽天イーグルス スタメンボード

dena

楽天イーグルス VS 日本ハムファイターズ

試合開始 18:00 楽天生命パークスタジアム

終了いたしました。

楽天イーグルス スタメンボードに東栄住宅が看板表示されました。

campaign_title
Bootstrap Thumbnail First

一番印象に残ったのは則本選手の2桁奪三振の連続記録を更新した、横浜DeNAとの試合です。4番の筒香選手から三振を奪った時はとても嬉しかったです。則本選手の魂がこもった気迫のピッチング、今季はたくさん観ることができて幸せでした。来季はそこに優勝、というチームの夢が叶うといいなと思っています。

Bootstrap Thumbnail Second

クライマックスシリーズ最終戦での三嶋選手の投打にわたる活躍☆

Bootstrap Thumbnail Third

負けてる試合も多いですが、家族みんなで毎日応援しています。。無事に怪我もなく、ファイナルをむかえてほしいです。

Bootstrap Thumbnail First

ナゴヤドームでの最終戦が近づいて来て、順位も思ってた結果ではありませんが、ドラキチ・竜党として最後まで一緒に戦い続けます!勝ちはもちろん喜びを分かち合い、負けが込んでも次の勝利を願い、応援し続けます!目の前の試合の勝利を目指して、頑張れ!ドラゴンズ!最後まで全力で突っ走れ!

Bootstrap Thumbnail Second

CS絶対進んでください!

Bootstrap Thumbnail Third

残り試合も少なくなってきても全力応援します!!ファンの声援が選手の力になると信じて!!!!

Bootstrap Thumbnail First

厳しいシーズン終盤だけど今こそ心を一つに!若手は更なる挑戦を、ベテランは更なる巧みさを!

Bootstrap Thumbnail Second

まだファンになって浅いですが、ものすごく感動を与えてもらってます!初めて心から応援したい球団に出会えました。こんなに奇跡を起こせる球団はベイスターズしかいないと思ってます。感動をありがとうございます!これからも全力で毎試合応援します!

Bootstrap Thumbnail Third

勝っても負けてもドラゴンズを応援し続けます!自力でクライマックスは厳しくとも、諦めずに勝ち続ければ道は開けるから頑張れ!

Bootstrap Thumbnail First

横浜ベイスターズの魅力、宣伝力、チームの底力、フロントの方々の努力、スタッフの方々の姿勢、どれをとっても一流のチームです!こんなに野球が面白くて仕方ないって思うのは初めてです!これからもよろしくお願いします!

Bootstrap Thumbnail Second

いつもテレビを観て応援しています!ビシエド選手、ゲレーロ選手の活躍、格好いいです!僕もお二人みたいにチャンスに打てるプレイヤーになりたいです!これからもチャンスに打って、中日の勝利に導いてください!頑張れ!!

Bootstrap Thumbnail Third

弱くても、小さな息子ががんばって応援しています。今年はルーキー京田選手にお熱です!調子も上がってきてるし、上位になんとか食い込んでほしいです!!

Bootstrap Thumbnail First

今年こそCSに行ってほしい(^^)実家が宮城で応援しによく帰省しています!外国人トリオの活躍に涙が出ます!ペゲーロ、ウィーラー、アマダーが来てくれて良かった楽天イーグルスの活躍で地元に活気がでて嬉しいです!ずーっとイーグルスガールでいます!

トランポリン選手 伊東 正樹
トランポリン選手 伊東 正樹

今までご声援ありがとうございました。

この度約25年続けた競技生活を引退します。
2013年に東栄住宅に入社して、沢山の試合、そしてリオオリンピックに出場し、
多くの方に国内外の試合に現地まで応援してもらいとても力になりました!
選手としての競技人生は終わりますが、今後もトランポリンそして伊藤正樹を変わらず応援してもらえたら嬉しいです。
多くの声援、ありがとうございました。
-伊藤正樹-

東栄住宅では、企業理念に基づき
「社会の進歩発展に貢献できる企業たりうること」という指針を掲げています。
この指針に基づき、スポーツ支援の一環として2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロオリンピック
トランポリン日本代表の伊藤正樹選手を当社所属社員として迎え、応援しています。

伊藤選手の「チャレンジ精神」、競技に対する「ひたむきで真面目な姿勢」、
「明るい人柄」が当社社風と重なったこと、また、伊藤選手が当社ブルーミングガーデンで
育ったというご縁もあったことから採用を決定いたしました。

伊東 正樹

伊藤 正樹/Masaki Ito

  • [生年月日] 1988年11月2日
  • [身長] 167cm
  • [出身地] 東京都
  • [血液型] B型

持ち味は世界と戦える圧倒的な「高さ」と精巧な「演技力」。
初めて出場した第30回ロンドンオリンピックでは4位。
メダルへの手応えを感じた大会となった。

- 主な戦績 -

2018年

ワールドカップ スイス4位

ワールドカップ イタリア8位

2017年

第4回全日本トランポリン競技年齢別選手権大会1位

第32回世界トランポリン競技選手権(個人)8位

第32回世界トランポリン競技選手権(団体)3位

2016年

第7回都道府県対抗トランポリン競技選手権大会1位

第31回オリンピック競技大会6位

第53回全日本トランポリン競技選手権1位

2015年

第6回都道府県対抗トランポリン競技選手権大会1位

第2回全日本トランポリン競技年齢別選手権2位

ワールドカップスペイン2位

第52回全日本トランポリン競技選手権1位

第31回世界トランポリン競技選手権4位

2014年

2014国際大会選考会1位

アジア競技大会4位

第30回世界トランポリン競技選手権4位

第51回全日本トランポリン競技選手権3位

2013年

第29回世界トランポリン競技選手権6位

第50回全日本トランポリン競技選手権1位

2012年

第30回オリンピック競技大会4位

ワールドカップ スペイン3位

2011年

第48回全日本トランポリン競技選手権2位

2011国際大会選考会1位

ワールドカップ ロシア3位

ワールドカップ 中国3位

ワールドカップ 川崎1位

ワールドカップ チェコ3位

第28回世界選手権3位

2010年

2010国際大会選考会1位

第45回全日本学生選手権1位

第38回西日本選手権1位

ワールドカップ ドイツ2位

第47回全日本トランポリン競技選手権1位

2009年

第26回世界選手権4位

ワールドカップ ポーランド3位

ワールドカップ ブルガリア1位

第46回全日本トランポリン競技選手権1位

2008年

第45回全日本トランポリン競技選手権1位

2016年11月

第53回全日本トランポリン競技選手権大会 優勝!

トランポリンの全日本選手権最終日は11月13日、群馬・ヤマト市民体育館前橋で行われ、男子個人で伊藤正樹選手が今シーズンベストの60.550点で2年連続7回目の優勝!また、ともにリオ五輪入賞を果たした棟朝選手と出場したシンクロの部でも50.300点で8回目の優勝を果たしました。
今大会は歴代最多優勝記録がかかっており、モチベーションを上げ挑みました。オリンピックから3ヶ月、腰・かかとの怪我が再発しないよう調整を進め、良い状態で大会を迎えました。予選では安定感のないジャンプでしたが、準決勝・決勝は他選手も好記録を出す中で自分自身もしっかり演技ができ、優勝できました。応援ありがとうございました!

2014年12月

2014 川崎市長杯川崎ジャパンオープン国際大会優勝!(大会2連覇)

12月20日、21日に川崎市とどろきアリーナで行われた同大会に出場し、年内最後の大会を見事優勝で飾りました。

予選の結果は今シーズン自己ベスト110.885で1位通過。決勝では最終演技者として登場。圧巻の演技を披露し、終了後には優勝を確信するポーズ!! 60.045で堂々の優勝を飾りました。また、最高得点者 に贈られる最優秀選手賞(川崎市長杯表彰)にも選ばれました!チャレンジの年として走り続けた1年。アジア大会(4位)、世界選手権(4位)、全日本選手権(3位)と厳しい戦いが続いた中で、「今大会優勝を目指す!」と宣言した通り、見事に優勝しました。

結果発表
E-scr 演技点 D-scr 演技点 T-scr 演技点 Total
1 伊藤 正樹 24.7 17.2 18.145 60.045
2 上山 容弘 22.9 18 17.530 58.430
3 岸 大貴 24.1 16.6 17.660 58.360

2014年7月

第30回世界トランポリン競技選手権大会 日本代表最終選考会
兼 第17回アジア競技大会 日本代表選考会 優勝!

トランポリンの全日本選手権最終日は11月13日、群馬・ヤマト市民体育館前橋で行われ、男子個人で伊藤正樹選手が今シーズンベストの60.550点で2年連続7回目の優勝を果たした。また、ともにリオ五輪入賞を果たした棟朝選手と出場したシンクロの部でも50.300点で8回目の優勝を果たした。

2014年4月

2014 環太平洋選手権 シンクロ部門 優勝!!

4月10日-12日にカナダ・リッチモンドで行われた「2014環太平洋選手権」に伊藤正樹社員が出場しました。 昨年12月の全日本選手権でも優勝したシンクロペア(伊藤・上山)は普段使用している台との違いに難度点を落として臨みましたが、安定感抜群の演技で優勝を果たしました!おめでとうございます!!男子個人では演技途中にバランスを崩し、途中棄権。残念ながら10位予選敗退となりました。優勝はシンクロでペアを組んだ上山容弘選手がダブル受賞しました。

2014年2月

第5回 都道府県対抗トランポリン競技選手権大会優勝!!

2月22日、23日に静岡県掛川市で行われた「第5回 都道府県対抗トランポリン競技選手権大会」に出場いたしました。予選では58.02点を得点し、全47名中1位で通過。 決勝は予選上位8名による一発勝負のトーナメント方式で行われ、 準々決勝、準決勝、決勝の3回を勝ち抜き2014年の初戦を見事優勝で飾り、全選手の中から選ばれる「最高演技点賞」にも選ばれました!

2013年12月

全日本トランポリン競技選手権大会 個人・シンクロW優勝!

11/30-12/1に川﨑市とどろきアリーナで行われた「全日本トランポリン競技選手権大会」に出場しました。個人・シンクロともに予選を1位通過でむかえた決勝。 シンクロでは、ペアを組む上山選手と息の合った演技で観客を魅了し優勝! 個人決勝においても、今シーズンベストスコア(60.865点)をたたき出し、見事W優勝の2冠達成となりました! 演技終了後には、本人も納得の演技に応援席に向かってガッツポーズが出ました! 当社応援団も声援とガッツポーズで旗を振り喜びを分かち合いました。(伊藤正樹コメント) 今年は怪我が長引き、沢山悩んだ一年でしたが、全日本を優勝。そしてスコアも世界選手権優勝レベルまで伸ばすことができました。 得点もそうですが、自分の演技を観て「感動した」と喜んでもらえたことが何よりも嬉しかったです。 皆さん、応援ありがとうございました!!今後とも宜しくお願い致します!!

川崎市長杯争奪 2013国際トランポリンジャパンオープン 優勝!!
年内最後の大会も優勝で締めくくりました!

年の瀬も迫る12/21-22、川崎市長杯争奪「2013国際トランポリンジャパンオープン」に出場しました。 個人予選では今シーズン自己ベストをマークし、2位と3.19の差を付け堂々の1位通過。 決勝は他選手が新しい技にチャレンジし失敗・成功者が出る緊張感溢れる中、伊藤は最終8人目に登場しました。予選終了後に「明日はチャレンジします!」と宣言した通り新技に挑み少しバランスが乱れる場面もありましたが、59.820で見事優勝しました!

2013年9月

東日本トランポリン協会 優秀選手賞受賞!

9月7、8日に群馬県前橋市宮城体育館で開催された「第37回東日本選手権大会開会式」にて、前年度の各大会において著しい成績を収めた選手に授与される東日本トランポリン協会優秀選手表彰にて、『優秀選手賞』を受賞しました!

2013年6月

「第29回世界トランポリン選手権大会 最終選考会」出場!
世界選手権代表選手に選出!

6月29日(土)・30日(日)に東京体育館で「第29回世界トランポリン選手権大会 最終選考会」が行われました。 当社の所属選手として初出場となる今大会。両日合わせておよそ50名の応援団を結成し応援してまいりました! 伊藤選手は大会前から腰痛に悩まされながらも、予選は5位で通過。 決勝では残念ながら総合7位という結果になりましたが、 今大会の上位3名に加えてこれまでの功績から伊藤選手が日本代表に選出されました。 11月にブルガリア・ソフィアで行われる「第29回世界トランポリン選手権」に出場します。

SPECIAL INTERVIEW SPECIAL INTERVIEW

東京五輪への想い「東京だから出場したい」という想いと、
「一つひとつ積み重ねた先に出場があれば」という2つの想いがあります。

東京五輪まであと2年。男子トランポリンの競技レベルはそのうち死人が出るんじゃないか( 笑) と思うくらいの無茶な技を成功させないと勝てないところまでレベルが上がり、10年前では信じがたい進化を遂げています。そんな世界レベルの戦いが自分の出身地である「東京」で繰り広げられるというのはやはり特別で、当然自分も「出場したい」という気持ちはあります。しかし、これまで出場権を獲得してきた時のように「出たい」「出たい」と声高に言うのは違うのかなとも感じ始めています。

自分にとっては気負わずリラックスモードで臨むことが良い結果に結びつくはずで、出たいという貪欲さは内に秘め、自分のレベルを上げて一つひとつ積み重ねた先に出場という結果があれば、と考えています。

トランポリンワールドカップ イタリア大会 日本人トップの8位入賞!

4月27日(金)-28日(土)に開催されたトランポリンワールドカップ イタリア大会に伊藤選手が出場した。昨年は怪我続きだったため、好調な状態での大会参加は久々となった。 個人予選、決勝進出を見据え難度をおさえたプログラムで臨むも、なんとか予選通過。「勝ちにいきたい気持ちが強く、自分の演技ができなかった。調子が良い、というのも気持ちのコントロールが難しい。決勝に残れて良かった」ともらす。 翌日の個人決勝。これまで悩まされ続けた腰に違和感があり、トラウマがよみがえる。「海外の強い選手が多く参加しているので、自分の力がどこまで通用するか試したい」「今大会後すぐに開催される日本での大会(東京五輪選考に関係する)を優先すべきか」という気持ちがせめぎあう中で挑んだジャンプは、気持ちの揺らぎに連動するかのような着地点の移動が多いものとなり、10回の跳躍を終えず枠外へ。途中棄権となり、8位入賞に終わった。「残念だったが、結果以上に得たものが多い大会となった。これからの練習や試合での演技の仕方など改めて学んだ」8月には群馬・前橋でワールドカップ日本大会が開催される。照準を定め、試合に臨む。

2016年 全日本選手権優勝!(歴代最多タイの7度目)

今大会は歴代最多優勝記録がかかっており、モチベーションを上げ挑みました。オリンピックから3ヶ月、腰・かかとの怪我が再発しないよう調整を進め、良い状態で大会を迎えました。予選では安定感のないジャンプでしたが、準決勝・決勝は他選手も好記録を出す中で自分自身もしっかり演技ができ、優勝できました。応援ありがとうございました!次回(12月)は川崎が会場となるので、お時間のある方は是非会場にお越しください!(2016年11月)

リオデジャネイロ五輪男子トランポリン6位入賞!

応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました! 個人・日本チームとしても初のメダル獲得を目指したオリンピック。自分個人は6位と不甲斐ない結果となり、日本チームも最高4位とメダルにまた一歩届きませんでした。自分自身が納得のいく演技ができず、さらには日本トランポリン界として、メダル獲得が地元開催となる東京五輪まで繰り越されたことに非常に残念な思いがあります。オリンピックを終えた今、トランポリン競技者として「日本チームを強くしたい」という思いに変わりはありませんが、ロンドンからリオへ出場するまでの4年間が長く苦しいものだったことも確かで、すぐに「東京を目指してまた4年間頑張るぞ!」と気持ちを切り替えるのは難しいです。4年後を目標にするのではなく、1年1年を継続していった先に「東京五輪」が見えたら…今はそう思っています。直近では11月に開催される「全日本選手権」で7回目の優勝をして、中田コーチが持つ日本タイ記録に並ぶことが目標です。引続き、応援よろしくお願い致します。(2016年9月)

リオでのメダルが最大の目標。全てをつぎ込んでいきます!

ロンドンオリンピックを4位という成績で終え、メダルにあと一歩届かなかったことで「何が足りないのか」を考えた結果、東京に拠点を移しコーチや環境を変えることが、自分の力を思い切り試せるのではないかという思いが強くなりました。トランポリンには実業団企業がないので、大学卒業を期に辞めてしまう選手がほとんどです。トップ選手でも日中は社会人として働き、夕方から練習をする人が多いですね。

そんな中、東栄住宅から全面的にバックアップしていただけた僕はとても恵まれていると思います。3年後のリオデジャネイロオリンピックに向けての環境は整えてもらえたので、あとは思い切りやるのみだと思っています。トランポリンの競技時間はおよそ1分。10回のジャンプ=10種類の技で構成され、フィギュアスケートや体操のように人に魅せるエンターテインメント性もあり、やり直しのきかない一発勝負のスポーツ独特の緊張感もあります。

トランポリンのことは知っていてもトランポリン「競技」としてはまだまだ認知されていないのが現状です。僕がオリンピックでメダルを獲得することでトランポリン競技がもっと注目されるようになればと思います。(2016年3月)

2014年は「挑戦の年」でした!

トランポリンは「演技点(演技の美しさ)」「難度点(演技の難度)」「跳躍点(ジャンプの高さ」で採点される競技です。 2014年は、オリンピック選考につながる年では無かったので「挑戦の年」と位置づけ、「難度点」を大きく上げることに目標をおいた年でした。 年の後半にかけて上り調子になっていき、11月に行われた世界選手権で、競技人生の中での自己ベスト、日本人で3人しかとれていない難度点18点を出せたので、 方向性は間違っていなかったと思っています。基本的に「難度点を上げれば演技点と跳躍点は下がる」とされていますが、 2015年は、技の難度を維持しつつ、自分の持ち味である「高さ」を上げていきたいと思っています!

小松総合体育館(石川県小松市)にて行われた第52回全日本トランポリン競技選手権大会 トランポリン 伊藤正樹 個人決勝の様子になります。

touei_title
baseball_circle

野球部

soccer_circle

サッカー / フットサル部

cycle_circle.png

自転車部